集中できない時に試す初心者向け瞑想のやり方

  • 2019年6月14日
  • 2019年7月22日
  • 健康
まなぶ
集中力が続かないし、やらないといけないことになかなか手がつけられない
 
フク先生
そんな時は瞑想がおすすめじゃ。
まなぶ
瞑想?
 
 
 
 

瞑想とは

瞑想とは『心を落ち着かせ、自分自身と向き合い、今の自分の心がどう感じているかを知ること』です。

瞑想をすることで、深く自分を見つめ直すことができ、あなたの頭の中を駆け巡る悩みや日々のストレスがあることに気づけます。

雑念や感情があることを知り、あなた自身の中にある不安やストレスを客観的に見ることができます。

 

 

瞑想の効果とは

瞑想を行うことで、脳が瞑想に慣れるだけでなく、『注意力』『集中力』『ストレス管理』『衝動の抑制』『自己認識』といった自己コントロールのさまざまなスキルが向上します。

いくつか具体的に瞑想を行うことで生まれる効果について紹介をしていきます。

 

集中力アップ

スタンフォード大学で「人は気が散って誘惑に負けやすい」という研究結果が発表されている。
瞑想をすることで集中力を持続することができ、気が散るものを無視することが出来るようになったとも発表した。

 

物事をポジティブに捉えられる

不安を抱えたり、ネガティブに物事を考えてしまう人は、自律神経が乱れている可能性があります。

瞑想を行うことで自律神経を整えることができ、緊張や不安を緩和することができます。

 

ストレスが減少する

頭に浮かんでくる嫌な感情やイライラ、人間関係などに振り回されなくなります。

その結果、ストレスホルモンが減少して、血圧を下げる事ができます。

 

自分に自信が持てる

自らを客観的な視点で見ることができるため、自分の感情に気づき、見つめ直すことができます。
現在の自分をありのまま受け入れられるようになり、自分に対しての否定的な感情がなくなります。

 

幸福感を得られる

瞑想により、精神安定に深く関わる「セロトニン」が分泌され、「幸福感」を得ることができます。

「セロトニン」は幸せホルモンと言われており、分泌促進されることで、ポジティブで前向きな気持ちになれます。

些細なことで悩みにくくなり、バランスのとれた感情を持った強い心を育てることができます。

 

 

まなぶ
こんな方法があったんですね!
 
フク先生
瞑想をすることで脳を鍛えることができる素晴らしいものなのじゃ。
 
まなぶ
瞑想のやり方ってどうやるんですか?
長い時間を掛けないとダメなんですか?
 
フク先生
瞑想は誰でも簡単に出来るのじゃ。
時間も1分~でいいのじゃ。
 
 

瞑想のやり方

①動かずにじっと座ります。

椅子に座って足の裏を床にぴったりつけるか、クッションの上であぐらをかきます。

背筋を伸ばし、両手を膝の上に置きます。

瞑想をする時は、そわそわしないことが重要です。

これは身体面における自己コントロールの基準になります。

 

②呼吸に意識を集中します。

目を閉じるか、あるいは居眠りが心配な人は1点を見つめて頂いても構いません。

そして、呼吸に意識を集中します。

息を吸いながら、心の中で「吸って」と言い、息を吐く時は「吐いて」といいます。

自然と気が散ってきますが、その時は呼吸に意識を戻します。

このようにして、何度も繰り返し呼吸に意識を戻す練習をすることで、脳の中枢のストレスや欲求を鎮められます。

 

③呼吸をしている感覚を掴み、気が散りだしたら意識する。

慣れてきたら、心の中での「吸って」「吐いて」と言うのをやめましょう。

呼吸をしたときの感覚に意識を集中させます。

息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くとへこんでいくという感覚に気づきます。

他の雑念に意識が向いた時は、先ほどと同じように意識を呼吸に戻していきましょう。

意識を呼吸に戻すことが難しければ、また何度か心の中で「吸って」「吐いて」と言ってみてください。

 

まずは、1日1分から練習を始めてみてください。

それが習慣化したら、少しずつ時間を伸ばしてみましょう。

時間を伸ばしたせいで明日に延ばしてしまうよりは、短くても毎日練習することが大切です。

 

 

まなぶ
1分からでもやれば効果があるんですね

 

フク先生
その通りじゃ。
他にも疲労回復の効果もあるから疲れてる時にやるのも効果的じゃ。
 
 

まとめ

瞑想は、『注意力』『集中力』『ストレス管理』『衝動の抑制』『自己認識』といった自己コントロールが苦手な人は試してみましょう。

私自身、瞑想を習慣化することで、心身のバランスが整い、ストレスやネガティブな感情を感じられなくなりました。

私は毎日5分の瞑想を取り入れてたのですが、最初は1分から始めるのが妥当かと思います。

まずは、瞑想を取り入れて変化があるのかどうかを試してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!