ドコモの新料金プランは本当に安いのか【複数回線編】

フク先生
家族でドコモ使ってる場合はどうなるかな?

ドコモの旧プラン(ベーシックパック)

まず、旧プランであるベーシックパックについて解説していきます。

ドコモのベーシックプランとは、基本、SPモード、パケットの3つを契約することでスマホを利用することができるプランになります。

また、パケットを家族で分けることによって家族の2人目以降が安くなるプランでもあります。

プラン名 カケホ カケホライト シンプルプラン
基本料金 2,700円 1,700円 980円
SPモード(web接続) 300円
シェアオプション 500円

基本プランの種類を表にまとめるとこうなります。

ベーシックシェアパックのパケットは以下の値段になります。

ベーシックシェアパック
ウルトラシェアパック 100GB 25,000円
50GB 16,000円
30GB 13,500円
ベーシックシェアパック ~30GB 15,000円
~15GB 12,000円
~10GB 9,000円
~5GB 6,500円

このプランでの特徴は家族でシェアパックを組むことによって1台あたりの料金が安くなるというものでした。

  親回線 子回線 子回線
基本プラン カケホ:2,700円 ライト:1,700円 シンプル:980円
SPモード 300円
パケット or シェアプラン ~5GB:6,500円

シェアプラン
500円

シェアプラン
500円
合計 9,500円 2,500円 1,780円
家族合計 13,780円(1台あたり4,593円)

一番少ないデータ制限量で3台のスマホをシェアした際の1台あたりの料金は4,593円

ドコモの新プラン(ギガホ・ギガライト)

それでは次に新プランである『ギガホ』『ギガライト』について簡単に紹介します。

新プランは旧プランとは違い必要に応じたデータ量での契約が可能となっています。

           
ギガホ 30GB 6,980円 ギガライト ~1GB 2,980円
~3GB 3,980円

この記事でのデータ量紹介はこれくらいになります。

新プランでは『カケホ』『カケホライト』はオプション扱いになっています。

また、家族でdocomoスマホを利用することによって家族割引が適応されるのもこの料金プランの特徴になります。

電話オプション 家族割
カケホ +1,700円 2台 -500円
カケホライト +700円 3台以上 -1,000円

このような扱いになります。

もっと詳しく知りたい人は下記URLの記事で紹介をしていますので、気になる人は読んで見てください。
各携帯会社新料金プラン「本当に安いのか!?」

それでは先程のプランと同じような契約内容で見積もりを表にまとめます。

       
基本

ギガライト
(~3GB)
3,980円

ギガライト
(~3GB)
3,980円
ギガライト
(~3GB)
3,980円
電話オプション カケホ:1,700円 カケホライト:700円  
家族割引 -1,000円 -1,000円 -1,000円
合計 4,680円 3,680円 2,980円
家族合計 11,340円

旧プランの表にあったデータ容量よりも多めに利用できるプランで表を作りました。

ベーシックシェアパックとギガホ・ギガライト比較

プラン名 ベーシックシェアパック ギガホ・ギガライト
利用内容 5GB
カケホ
カケホライト
シンプル
各3GB
カケホ
カケホライト
シンプル
合計金額 13,780円 11,340円
差額 2,440円

シェアパックでも最安値である5GBパケットと比較しても2,440円新料金プランの方が安くなる結果になりました。

プラン名 ベーシックシェアパック ギガホ・ギガライト
利用内容 5GB
カケホ
カケホライト
シンプル
各1GB
カケホ
カケホライト
シンプル
合計金額 13,780円 8,340円
 

5,440円

さらに新料金プランで月々のデータ使用量が1GBで利用した場合は5,440円安くなります。

まとめ

新料金プランに変更した方が安くなるという結果になりました。

ただし、基本料金のみでの計算になるため、本体代金の残債がある場合は新料金プランにすると高くなることがあります。

また、端末購入サポートの割引でスマホ本体を一括で購入されている場合で1年未満の人も切り替えるのに手数料がかかるため、得にならない場合もあります。

結論としては、本体代の支払いが終わっている人、機種変更する予定の人は新料金プランへの切り替えを検討した方がいいですね。

最新情報をチェックしよう!

通信・スマホの最新記事8件