『牛肉』『豚肉』よりも『馬肉』が魅力的な理由

フク先生
馬肉の魅力を教えるのじゃ。
馬肉の魅力を知っていますか?

みなさんは、『牛肉』『豚肉』どれが一番好きですか?

私は『牛肉』が好きだったのですが、最近それが『馬肉』へと変わりました。

ただ、『馬肉』は地域によってはあまり馴染みがないと思います。

そんな『馬肉』にはたくさんの魅力があります。

今回はその『馬肉の魅力』について紹介をしていきます。

馬肉は安全性

あまり馴染みのない『馬肉』安全性については気になりますよね。

結論から言うと『牛肉』や『豚肉』よりも『馬肉』は安全です。

狂牛病や口蹄疫など牛や豚の病気で馬がそれらの病気になることはありません。

馬は牛や豚と違い体温が40度と高く雑菌が増殖しにくいことも安全であることが言えます。

また、馬は食してもアレルギーを起こしにくいものになり、牛・豚と違い、厚生労働省のアレルギー特定原材料食品に指定されていません。

馬肉も寄生虫の生息している恐れがありそれによっての食中毒になることはあります。

ただし、馬肉を中心温度で-20℃で48時間・-30℃で36時間・-40℃で18時間の冷凍処理をすることで寄生虫が死滅することが分かっています。

栄養価

馬肉のカロリーは、『牛肉』よりも低カロリーで、低脂肪、高タンパク質に鉄分豊富に加えグリコーゲン豊富と、現代人にとって特に女性には嬉しいこと尽くしのお肉になります。

グリコーゲンとは、容易にブドウ糖に変化する人間のエネルギー源で甘味の元になり即効性のエネルギー源ですので、運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。

各肉の100gあたりの栄養価(肉の部位によって変わります)
成分 馬肉 牛肉 豚肉
カロリー(kcal) 100kcal 331kcal 283kcal
脂肪(g) 2.5g 27.5g 22.6
鉄分(g) 4.3g 2.0g 1.2g
タンパク質(g) 20.1g 16.8g 16.4g
グリコーゲン(mg) 2290mg 674mg 432mg

まとめ

  • 馬肉は牛肉や豚肉よりも安全。
  • 馬肉は低カロリーで、低脂肪、高タンパク質に鉄分豊富に加えグリコーゲンも豊富で健康的でダイエットに最適なお肉になります。

最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件